お知らせ

社員3名が技術士(建設部門・機械部門)試験に合格しました

令和2年3月

社内講師による技術士養成講座を平成30年4月より開講し、
講座を受講した社員3名が技術士(建設部門2名・機械部門1名)試験に合格しました。

技術力の証明の一つが「資格」です。
会社の技術力を高めるために、 個人の資格取得を奨励し、全面的にバックアップしています。

下伊那5町村へ建設ICTの講師を派遣しました

令和2年2月25日(火)

飯田下伊那北部5町村(松川町、高森町、大鹿村、豊丘村、喬木村)建設担当者の会よりICT講師派遣の依頼があり、
I-ConstructionとBIM/CIMについての講演を行いました。

  
                           



三重県道路インフラメンテナンス協議会にて 新技術Jシステム(赤外線調査)のデモンストレーションを行いました

令和2年2月13日(木)

三重県道路インフラメンテナンス協議会 
令和元年度 第2回橋梁点検現地講習会において

新技術 Jシステム(赤外線調査)のデモンストレーションを行いました。

  

関東地方整備局 横浜港湾空港技術調査事務所 第10回技術交流会にてGMS3による技術提案を発表

令和元年12月6日(金)

第10回 技術交流会(於:国土交通省 関東地方整備局 横浜港湾空港技術調査事務所 多目的プラザ 1F)において
GMS3(三次元地中レーダー探査モバイルマッピングシステム)(NETIS登録番号:KT-170087-A)
による技術提案の発表を日本インフラ空間情報技術協会と共に行いました。

     

教育センター研修生2名が諏訪市文化センターでAIの研究成果を発表しました

令和元年8月8日(木)


教育センターの教育研修として諏訪市文化センターで学術科学誌NATURE SCIENCE 常連執筆者のAIの世界的権威、慶應義塾大学・武藤佳恭教授の特別公演の一環として当社社員 2名が豪雨危険度レベルのAI予測の研究発表をしました。




社員2名が技術士(建設部門)試験に合格しました

平成31年3月

社内講師による技術士養成講座を平成30年4月より開講し、
講座を受講した社員2名が技術士(道路部門・鋼構造及びコンクリート)試験に合格しました。

技術力の証明の一つが「資格」です。
会社の技術力を高めるために、 個人の資格取得を奨励し、全面的にバックアップしています。

人材育成のための教育講座を2講座開講しました

平成31年2月1日

・伊那支店内に教育センターを開設し、AI導入への取組みの一環として機械学習の勉強会を始めました。

・管理職としての役割や責任の学習、マネジメントスキルの向上を目的とした管理職社員養成講座を開講しました。
 

喬木村より感謝状が授与されました

平成31年1月25日(金)

喬木村より感謝状が授与されました。






専門的・技術的分野(土木工学)の資格を持った外国人の直接雇用を始めました

平成31年1月

『労働力の質の維持と向上』、そして『継続的な企業の発展』のために 専門的・技術的分野(土木工学)の在留資格のある外国人の優秀な女性技術者を2名、正社員として直接雇用いたしました。

女性技術者の育成に力を入れ、女性技術者が活躍し生き生きと働ける環境を整えていきます。


天竜川上流河川事務所長より感謝状が授与されました

平成30年12月21日(

平成30年7月豪雨出水における管内の緊急調査について
国土交通省中部地方整備局天竜川上流河川事務所長より感謝状が授与されました。